ギターの奏法解説、今回はスライド、グリッサンド編です。

どちらも弦の上を滑らせるようなフィンガリングを行うことで、なめらかに音程を変化させるテクニックです。

スライドは2つの離れた音程感を滑らかにつなぐ頻出テクニックですが、グリッサンドは音のはじまりや終わりに決まりはなく、ギミック的に使われるテクニックです。

ギターソロに使えるテクニックなのでぜひ習得しましょう。

スライド

スライドは、ある音程から別の音程へ、指を滑らせることでなめらかに音をつなぐテクニックです。

その名前の通り、弦の上で指をスライドさせるようにして演奏します。

5フレットを薬指で押さえピッキングしたら、力を抜かずに7フレットまで指を滑らせましょう。

このとき、なるべく親指の位置は固定したまま、指だけを滑らせた方が安定したスライドを行うことができます。

ただし、次に弾くフレーズとの兼ね合いもありますので、必要と感じたら手を丸ごと次のフレットまで動かしてしまって構いません。

たとえば、上記のように移動幅が大きいフレーズは、手全体を目標のフレットまで動かします。

狙ったフレットまでピタリと手を動かせるように練習しましょう。

スライドの譜例

スライドは比較的簡単なテクニックですので、連続して弾いてみましょう。

すべてピッキングするよりも、フレーズがなめらかに聴こえます。

次はスライドの移動幅がやや大きいフレーズ。

きっちりと狙ったフレットに指を動かす練習です。

グリッサンド

グリッサンドのテクニックはスライドと変わりません。

ただ、はじまりや目標のフレットが決まっていないことがほとんどです。

任意のフレットから決まったフレット(あるいは任意のフレット)を目指すグリスアップ、任意のフレットから適当に音程を下げていくグリスダウンがあります。

また、グリスアップとグリスダウンを組み合わせて「ブーン!」という音を出すこともあります。

こちらは特にベースで使われている奏法です。

グリッサンドの譜例

譜面上、グリッサンドはある音から線を引っ張ることで、音を上げるか下げるかを表します。

バツ印から線が引かれていたらそれはブラッシングではなく、「任意のフレット」でグリッサンドするという意味です。

特に決まりはありません。

 

また、狙ったフレットまでグリスアップするテクニックも良く使われます。

上記の譜例でいうと3つ目の音です。

ギターソロの入りで使うことで勢いが出ます。

 

グリッサンドで指を滑らせるスピードはさまざまですが、その時々で変わります。

コピーしている曲の音源をよく聴き、アーティスト本人の演奏に近づけられるようにいろいろなパターンを試してみましょう。

グリッサンドは、1本の弦の上で演奏するように表記されていることがほとんどです。

しかし、上記のように低音弦でグリッサンドの指示がある場合、5弦と6弦をいっぺんに押さえてグリッサンドするのがオススメです。

音に厚みが出て存在感のあるグリッサンドができます。

グリッサンドをはじめる位置や折り返し地点をいろいろ試し、その曲の雰囲気にあったグリッサンドを見つけましょう。

曲の雰囲気に合わせたスライド・グリッサンドを弾こう

スライドもグリッサンドも、ギターソロやリードフレーズを弾くときには必要不可欠なテクニックです。

指をスライドさせるスピードや開始位置を調整することでさまざまな表情が出ます。

簡単とはいえ奥が深いテクニックなので、テンポと表現力を意識しながら練習しましょう。