ギターの奏法解説、今回は「ハンマリング・オン」「プリング・オフ」です。

オンとオフという名前の通り、この二つは対になるテクニックです。

ギターをやる上で頻出のテクニックですので、まとめて覚えてしまいましょう。

ハンマリング・オン

ハンマリング・オンは通常「ハンマリング」と略した名前で呼ばれます。

ハンマリングと言うだけあって、指を弦に叩きつけるようにして音を出すテクニックです。

ある音をピッキングで鳴らした後に、同じ弦にある別のフレットを指で勢いよく叩きつけて、ピッキングせずに音を鳴らします。

上記の譜例の場合、5フレットを人差し指で押さえてピッキングし、人指し指は押さえたままで7フレットを薬指で叩くようにして押さえます。

ピッキングよりもなめらかな音を鳴らすことができるテクニックです。

ハンマリング・オン練習フレーズ

ギターソロでよく使われるペンタトニック・スケールを練習してみましょう。

Amペンタトニック・スケールのフレーズです。

ハンマリングがきれいに鳴る力加減を探しながら、他の弦が鳴ってしまわないようにミュートに気を配ってください。

プリング・オフ

ハンマリング・オン同様、「プリング」と略して呼ばれるテクニックです。

プリング・オフは、ピッキングした弦から指を離すときに、少し引っ掛けるようにして離すことで音を鳴らすテクニックです。

あらかじめ5フレットは人差し指で押さえます。

7フレットを薬指で押さえたらピッキングして、そのまま薬指を弦に引っ掛けるようにして離すと、人差し指で押さえている5フレットの音が鳴ります。

プリング・オフ練習フレーズ

プリング・オフでも、ハンマリング・オンと同様にペンタトニック・スケールを用いたフレーズを用意しました。

今回は下がっていくフレーズです。

8フレットは小指、7フレットは薬指で押さえてください。

大切なのは、しっかりと指を引っ掛けることと、他の弦が鳴らないように気をつけることです。

ハンマリング・オンとプリング・オフが簡単にできてしまった人は、両方を交えたフレーズにも挑戦してみましょう。


トリル

トリルとは、ハンマリング・オンとプリング・オフを素早く交互に繰り返すテクニックです。

力を抜きながら素早く音を鳴らさなくてはいけないため、想像以上に腕が疲れると思います。

そういう意味では、ハンマリング・オンとプリング・オフの上位テクニックと言えるでしょう。

一拍の中で鳴らす音の数を整えることが大切です。

4音か6音のどちらかがちょうど良い音数になります。

使用頻度が高いテクニック

ハンマリング・オンやプリング・オフは、ギターソロを弾く上で欠かせません。

非常に使用頻度が高く、習得必須の技術です。

メトロノームを鳴らしながらきれいに鳴らせるように練習しましょう。

なめらかなニュアンスを出したり、速いフレーズを弾く時に役立つテクニックですので、ぜひ習得してください。