ギターの奏法解説、今回は「オクターブ奏法」です。

もともとは、ジャズギタリストであるウェス・モンゴメリーが多用したことで広く知られた奏法です。

現在は、ロックやポップスでオブリガードやイントロのフレーズでよく使われています。

押さえる弦は2本だけの、簡単にメロディアスでかっこいいフレーズが弾ける便利テクニックです。

オクターブ奏法とは

オクターブ奏法というのは、ルート音とルート音の1オクターブ上の音の2音で構成される奏法です。

パワーコード同様、押さえる形は決まっているため、同じ形のままずらしていくだけで音を変えることができます。

押さえる形は2種類あります。

オクターブ奏法のやり方

オクターブ奏法はルート音が何弦にあるかで押さえ方が少し変わります。

ルート音が5弦か6弦の場合は、オクターブ上の音は2つ隣の弦の2つ上のフレットにあります。

ルート音は人差し指、オクターブ上の音は小指で押さえます。

押さえている弦以外はミュートする必要があるので、人差し指の側面や中指を不要な弦に触れさせておきましょう。

 

ルート音が3弦か4弦の場合は、オクターブ音の位置が3つ上のフレットに変わります。

2つ隣の弦というのは変わりません。

5、6弦側の譜例

5、6弦をルート音としたオクターブ奏法を実際に弾いてみましょう。

低音弦側を使ったドレミファソラシドです。

弦が切り替わる部分が難しいかもしれませんが、ゆっくりなテンポから練習して確実に弾けるようにしましょう。

慣れてきたら次のフレーズにも挑戦してみましょう。

ミュートを意識しながら弾いてみてください。

3、4弦側の譜例

次は3、4弦側の練習です。

先ほどとは押さえ方が少し異なるので注意してください。

 

こちらもドレミファソラシドですが、5、6弦のときよりも少し難しいかもしれません。

ゆっくりじっくり練習し、形を崩さずに弾けるようにしましょう。

 

慣れてきた方は、5、6弦の時と同様に音符を細かくして弾いてみてください。

両方交えた譜例

今度は2つの押さえ方を交えたフレーズに挑戦です。

途中で押さえ方が変わるのを意識しながら弾いてみましょう。

少し難易度が高いですが、これが自然にできれば、だいたいのオクターブ奏法は弾けるようになります。

いろいろなドレミファソラシドでオクターブ奏法を練習し、押さえ方の切り替えをスムーズに行えるようにしましょう。

オブリガードにオクターブ奏法を使おう

オクターブ奏法はイントロやサビのオブリガードとして頻出するテクニックです。

慣れてしまえば簡単な奏法ですが、ミュートをしっかりして歯切れよく弾かないとオクターブ奏法らしい勢いは出ません。

ミュートに気を配りながら歯切れの良いピッキングで弾くことを心がけましょう。