パワーコードとブリッジミュートができる方は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『ループ&ループ』に挑戦しましょう。

オクターブ奏法を多用したリードギターが特徴の曲です。

パワーコードとオクターブ奏法

今回はパワーコードとブリッジミュートに加え、オクターブ奏法が登場します。

パワーコードとブリッジミュート

ループ&ループにはパワーコードとブリッジミュートが出てきます。

「ブリッジミュートってなんだっけ?」という方は、パワーコードとブリッジミュートをおさらいしましょう。

⇒『パワーコードをマスターしよう』のページへ行く

⇒『疲れないブリッジミュートの練習法』のページへ行く

オクターブ奏法

イントロからいきなり出てくる奏法で、ルート音と1オクターブ上の音を鳴らすテクニックです。

イントロ、サビ、間奏などで多用されています。

詳しくは奏法解説のページで解説していますので、まずはそこでオクターブ奏法の基礎を身につけてください。

⇒『オクターブ奏法のコツ』のページへ行く

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ループ&ループ 』

ループ&ループは、パワーコードだけで弾ける小さな恋のうたよりも、一歩進んだテクニックが要求される曲です。

オクターブ奏法や簡単な単音弾きが出てきますので、ロックギターらしさを味わうことができます。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション。通称アジカン)は、男性4人組のロックバンドです。

アニメや映画のタイアップにより知名度が向上。

代表作『ソルファ』(2004)や『ワールド ワールド ワールド』(2008)はオリコンランキングで1位を獲得しています。

高校や大学などの学園祭で、多くのコピーバンドに演奏されている人気バンドです。

『ループ&ループ』の動画

ループ&ループ TAB譜

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ループ&ループ 』のTAB譜をご紹介します。

原曲はギターがいくつか重なっていますが、リードギターのフレーズをピックアップしてみました。

0:00〜(イントロ)

0:15〜(Aメロ前半)

0:37〜(Aメロ後半)

1:07〜(Bメロ)

1:38〜(サビ)

2:08〜(間奏)

2:36〜(Cメロ)

2:59〜(サビ)

3:29〜(アウトロ)

『ループ&ループ』でロックギターの醍醐味を味わおう

今回は、ASIAN KUNG-FU GENERATION『ループ&ループ 』をご紹介しました。

オクターブ奏法や単音弾きなど様々なテクニックが出てきますが、一つ一つのフレーズはそれほど難易度が高くなく、テンポも早くありません。

落ち着いてそれぞれのパートを攻略していけば、リードギターらしい一曲が弾けるようになります。

ぜひ挑戦してみましょう。

 

リードギターを覚えたら、次はギターソロのある1曲を弾いてみましょう。

⇒『【TAB譜付】瞬間センチメンタル~初心者おすすめの練習曲』のページ

パワーコードとブリッジミュートが不安な方は、『小さな恋のうた』から練習してみてください。

⇒『【TAB譜付】小さな恋のうた~初心者おすすめの練習曲』のページへ行く