ギターの奏法解説、今回は「ブラッシング」「カッティング」編です。

ギターの中では打楽器的でリズミカルな演奏方法で、ファンキーな雰囲気を出すことができます。

ブラッシングはあまり難しいテクニックではありません。

でも、カッティングは、ストロークの振り抜きやミュートの技術が必要な、レベルの高いテクニックです。

ある程度ギターの腕に自信がついてから挑戦しましょう。

カッティングの名曲

カッティングを使った曲は数多いです。

ここでは、世界的ロックバンドRed Hot Chili Peppersから『Can’t Stop』をご紹介します。

Red Hot Chili Peppers『Can’t Stop』


0:24~のフレーズにカッティングが混ざっているのがわかるでしょうか?

ねちっこく、ファンキーなリズムを作るのがカッティングです。

ブラッシング

ブラッシングは、弦をミュートしたままストロークをし、「シャッ」という音程のない打楽器的な音を出す奏法です。

ブラッシングをするときのミュートは、なるべく複数の指を使ってミュートするときれいに音が鳴ります。

ミュートが甘い状態でブラッシングをすると、音の歯切れが悪くなったり、ハーモニクスが鳴ってしまったりすることがあるので注意が必要です。

特に、5フレット、7フレット、12フレットのハーモニクスポイント周辺は音が鳴りやすいです。

複数の指でミュートするか、ほかのフレット上をミュートするように意識しましょう。

ブラッシングを交えたフレーズ

まずは実際にブラッシングの音を鳴らしてみましょう。

色々なフレット上で試してみてください。

次はリズムに変化をつけたフレーズです。

カッティング

カッティングは、ブラッシングとしばしば意味が混同されるテクニックです。

ブラッシングはただミュートしてストロークすることで、パーカッシブな音を出すテクニックのことを指します。

一方でカッティングは、コード弾きや単音弾きに休符やブラッシングを混ぜることで、歯切れの良さとリズム感を出す、複合的な奏法です。

ストロークのポイント

カッティングのポイントは、勢いのあるキレのいいストロークです。

歯切れの良さを出すために振り抜きましょう。

手首の力を抜き、柔らかくして振り抜くことでキレのいいストロークができます。

なるべく音を出したい弦だけを狙ってヒットさせるのも重要です。

勢いとコントロールの両立が必要なため、右腕が自在に操れるようになってからでないと、カッティングの習得は難しいでしょう。

左手のポイント

左手はミュートが大切です。

音程があるところ(=弦を押さえるとき)と、休符やブラッシング(=ミュート)を小刻みに繰り返すため、素早いミュートと押弦のテクニックが必要になります。

弦を押さえるときは指を立てるのではなく、なるべく寝かせてすぐにミュートできるようにしましょう。

カッティングフレーズ

実際に簡単なカッティングフレーズに挑戦してみましょう。

素早い押弦とキレのいいストロークがキモです。

譜面上はシンプルですが、ミュートがやや難しいフレーズになります。

4弦は中指の先で軽く触れておき、5、6弦は親指で握りこむようにしてミュートしましょう。

 

慣れてきたら音を鳴らす場所を変えてみましょう。

右手の勢いと左手のミュートがコツ

ブラッシングもカッティングも、左手のミュートと右手の勢いが大切なテクニックです。

右手は振り抜くように、キレのいいストロークを意識しましょう。

カッティングはバッキングギターのみならず、ギターソロにも使えるフレーズです。

ぜひマスターすることでギターの表現力を高めてください。