SGはギブソン(Gibson)が1961年に発売したレスポールの後継機種です。

レスポールの弱点を克服するために開発された、まったく新しいレスポールがSGです。

このページでは、SGの特徴や弾きやすさ、音(サウンド)について紹介していきます。

SGってどんなギター?

SGはレスポールがフルモデルチェンジして生まれたギターです。

発売当初はレスポールの名で販売されていましたが、のちにソリッドギター(Solid Guitar)の頭文字をとったSGへと改名しました。

 

レスポールにはハイポジションが弾きにくい、ボディが重い、などの問題点がありました。

SGではそれらを克服するために、ダブルカッタウェイによる高音フレットの演奏性の向上、メイプルトップを廃止したマホガニーボディによる軽量化が図られています。

 

一方で、ピックアップにはハムバッカーを2基搭載、コントロール部は2ボリューム2トーンと、レスポールらしいスペックを継承しています。

SGは弾きやすい?

SGはダブルカッタウェイになっているうえ、ネックのジョイントが非常に浅いので、ハイポジションの演奏性が抜群にいいです。

ハイポジションが弾きやすいSGだからこそのフレーズ、名演も多数生まれています。

 

一方で、軽いボディと長く突き出たネックの相性はあまりよくありません。

立って演奏するとヘッド落ちに悩まされます。

どうしてもヘッド落ちが気になる場合は、滑りにくいストラップを選んで購入するのが良いでしょう。

音色

SGのサウンドは、薄いマホガニーボディの影響により、中音域が強調されたサウンドが出ます。

レスポールは低音と高音の効いたサウンドになる傾向がありますが、厚いマホガニーに硬いメイプルを貼り合わせているからです。

レスポールとしてデビューしたSGですが、サウンドには大きな違いがあります。

SGのサウンドはロックとの相性がいいとされ、『SG=ロック・アイコン』と言われるほどロックギタリスト達を魅了してきました。

代表的なギタリスト

アンガス・ヤング(AC/DC)、トニー・アイオミ(Black Sabbath)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、岩寺基晴(サカナクション)

エピフォンのSG

エピフォン(Epiphone)から発売されているSGのレギュラーラインナップは、高いほうから順に、G−400 PRO、faded G-400、G-310、SG Specialの4機種です。

最上位機種のG-400 PROで4万円弱、SG Specialで2万円弱と、かなりの低価格で販売されています。

こだわりのマホガニー

すべてのSGがマホガニーボディで作られており、Gシリーズはネックもマホガニーと、エピフォンの気合いを感じられるスペックといえます。

これらは、初心者でも握りやすいよう細身のネックシェイプが採用されています。

コイルタップ機能

G-400 PROはコイルタップという便利な機能が搭載されています。

コイルタップとは、ボリュームノブを上に引っ張ることで、ハムバッカーの音からシングルコイルの音に切り替えられる機能です。

つまり、G-400一本でギター2本分の音を出せてしまいます。

 

さらにG-400のブリッジは、2本ともエピフォンオリジナルのLock Toneシステムを採用。

通常のブリッジよりもパーツが強固に固定される作りになっているため、弦振動の伝達率が向上し、サステイン(音伸び)が20%アップしています。

レギュラーラインナップの中では最も高価な4万円弱の最上位機種ですが、高スペックな上に2本分の音が出せることを考えると、かなりお得なギターです。

サウンド

サウンドに関しては、採用されているピックアップの違いから、G-400とその他2本とで区別できます。

G-400は2本ともヴィンテージ寄りのハムバッカーサウンドが特徴のピックアップを搭載していて、ハッキリとしたキメの細かいサウンドが出せます。

一方でG-310とSG Specialは、モダンなハムバッカーを搭載したパワフルなサウンドが特徴です。

 

エピフォンのSGはリーズナブルな価格設定でありながら、弾きやすさ、機能、サウンド面のどれをとっても魅力的なモデルであると言えます。

SGの人気色

SGは人気カラーがはっきりしています。

人気のカラーと不人気カラーを見てみましょう。

チェリー・レッド


SGの定番色といえばチェリー・レッドです。

最も多くのギタリストがこの色を選び、また、どこのブランドでもSGを作るならまずチェリー・レッドを作るでしょう。

SGと言われて真っ先に思い浮かぶカラーです。

(あまりに定番過ぎて、もはや特筆すべきことがありません……。)


次点でSGの定番となっているのは白でしょう。

ストレイテナーのホリエアツシやサカナクションの岩寺基晴の使用カラーは白です。

また、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で、登場人物の長門有希が劇中で使用したことにより、世間的な認知度が一気も高くなりました。

また、カスタムショップのラインナップに頻繁に登場することや、SGカスタムの標準カラーが白であることから、チェリー・レッドに次ぐ第二の定番カラーであるといえます。

アーティストの使用者も多く、メディアでの登場頻度も比較的高いカラーのため、「SGといえば白!」というイメージの方もいるのではないでしょうか?


次点で人気のカラーは黒です。

ボディもヘッドもピックガードも真っ黒なため、クワガタやバットマンという呼び方をされることがあります。

確かにSGのボディシェイプはハサミが生えたクワガタのようでもありますし、バッドマンのマークのように見えるかもしれません。

真っ黒という重厚な見た目が何と言ってもポイントでしょう。

青いSGの評判は?

チェリーレッドや白が人気ですが、青色のSGも存在します。

時々ラインナップに上がりますが、あまり評判は良くないかもしれません。

ただし、マホガニーボディの上にフレイムメイプルなどを貼り付けることで、見た目を着飾ったカラーも発売されていますが、こちらに関してはオシャレに仕上がっていると思います。

 

ちなみに、YAMAHAから発売されている同じSGという名前のギターに関しては、逆に青が人気カラーです。

ギブソンSG同様ダブルカッタウェイですが、レスポールに似た丸みを帯びたギターは、ご存じの方もいるでしょう。

初心者とSGの相性

SGは初心者におすすめのギターなのでしょうか?

答えは、おすすめできます。

ポイントは3つです。

ポイント1:弾きやすい

くどいようですが、SGはダブルカッタウェイのため、ハイポジションが弾きやすいです。

また、レスポールと比べてボディがかなり薄いので、抱えやすくなっています。

抱えやすく弾きやすいギターは、弾いていてストレスが少ないので、楽しくギターの練習を続けることができます。

ポイント2:ボディが軽い

SGはボディを軽量化しているため、レスポールよりも持ちやすいです。

そもそもレスポールのトップに貼られていたメイプルは木材の中でも重い部類に入りますし、マホガニー部分も厚みがありました。

薄いマホガニーボディのSGと比べると、かなり重く感じると思います。

 

薄くて軽いギターは長時間弾いていても疲れにくいですし、立って弾くときの肩の負担も減ります。

ライブでの取り回しもいいですし、女性でも比較的扱いやすいギターです。

ポイント3:値段が安い

レスポールからのモデルチェンジの際に、低コスト化も図られているため、レスポールと比べて値段が安いです。

ギブソンのレスポールスタンダードの価格がおよそ30万円なのに対し、SGスタンダードはおよそ15万円で手に入ります。

エピフォンだとそこまでの価格差はありませんが、やはりレスポールよりはリーズナブルです。

ギター以外にも揃えるものがある初心者にとっては、良心的な値段設定ではないでしょうか。

SGに比べてレスポールは悪いギターなのか?

SGはレスポールの改良型のため、レスポールが比較対象に出しましたが、悪いギターというわけではありません。

迫力のあるドンシャリサウンドは薄いボディのSGには出せませんし、ネックが長く突き出ているSGと比べて、レスポールはローフレットに手が届きやすいという利点もあります。

それぞれに良さがありますので、実際に持ち比べてみて自分にあった一本を探しましょう。

SGはギター初心者におすすめ

SGは弾きやすさと低コストを兼ね備えたロックギターの定番モデルです。

ギブソン系のギターをお探しなら、楽器屋さんでレスポールと比べてみるといいでしょう。

ギターがまったく弾けなくても、抱えるだけでわかる違いもあります。

サウンドチェックは店員さんに「弾いてください!」とお願いするのがいいと思います。