弦の太さや種類は、ギターの弾きやすさや音色に関係します。

今回は初心者に使って欲しいエレキギターの弦を特集しました。

弦の基礎知識

ギター弦を構成する要素は太さ(ゲージ)と素材です。

結論から言うと、初心者は細いニッケル弦が弾きやすいと思います。

まずはギター弦の基礎知識をお伝えしましょう。

弦の太さ

弦の太さは音色と弾きやすさを変えます。

細い弦のほうが演奏しやすいです。

太い弦 細い弦
音色 重厚感がある

低音域が強調される

繊細な音色になる

高音域が強調される

弾きやすさ テンションが上がるため弦を押さえにくい テンションが下がるため弦を押さえやすい
ネックへの影響 順反りしやすい 逆反りしやすく弦がビビりやすい
弦の切れやすさ 切れにくい 切れやすい
プレイの方向性 重厚なカッティングやリード演奏 軽いカッティングや繊細な演奏
ジャンルとの相性 ハードロックやヘヴィメタルとの親和性が高い ソフトロックやポップス、ファンクとの親和性が高い
その他弦の特性 半音下げチューニングがしやすい 初心者でも弾きやすい

弦の太さの種類

弦の太さは以下の3種類に分かれます。

初心者はスーパーライト・ゲージのセットを選びましょう。

スーパーライト・ゲージ(.009~042)

1弦.009 2弦.011 3弦.016 4弦.024 5弦.032 6弦.042

ライト・ゲージ(.010~.046)

1弦.010 2弦.013 3弦.017 4弦.026 5弦.036 6弦.046

ミディアム・ゲージ(.011~.049)

1弦.011 2弦.014 3弦.018 4弦.028 5弦.038 6弦.049

弦の素材

弦の素材は音色と価格に影響を与えます。

価格を考えるとニッケルのほうがよいでしょう。

なお、プレーン弦(1弦から3弦)の芯はスチールが一般的です。

ニッケル ステンレス
音色 バランスがよい トレブリーかつ硬質
価格 安価 高価

弦の種類

巻弦はその構造によって2種類に分かれています。

ジャズのようなジャンルを演奏しない場合、ラウンドワウンドを選ぶとよいでしょう。

ラウンドワウンド フラットワウンド
見た目 弦の断面が丸くてザラザラしている 弦の断面が板状になっている
サスティン 伸びやかな振動をするためサスティンが長い 振動が少なくサスティンが短い
音色 倍音成分が豊富で高音域が強調されやすい 倍音成分が少なく甘いトーンになりやすい

初心者におすすめのギター弦

管理人が思う初心者へおすすめのギター弦は、アーニーボール(ERNIEBALL)のスリンキー・シリーズ(スーパーライト・ゲージ)です。

アーニーボールと、スリンキー・シリーズ(スーパーライト・ゲージ)の魅力をご紹介します。

アーニーボールとは

アーニーボールとは、1957年に誕生したアメリカのギター弦ブランドです。

世界中のギタリストに愛されるその弦は、バランスがよい音色で癖がありません。

スリンキー・シリーズ

1962年の誕生以来、スリンキー・シリーズはロックギターの歴史とともに歩み続けてきました。

The Beatch BoysやThe Venturesなど、時代を代表するロックバンドのギタリストたちも愛用した弦です。

半世紀以上経った現在まで、ほとんどの楽器屋に置いてあり、エレキギターの定番弦といえます。

スーパースリンキー

アーニーボールのスーパースリンキーは、スーパーライト・ゲージ(.009~.042)の弦です。

スーパースリンキーのサウンド比較の動画を見てみましょう。

比較的細い弦なので押さえやすいと思います。

500円台から販売しているため、価格もリーズナブルです。

初心者は激安弦からでも構わない

1セット200円程度のギター弦も存在します。

初心者のうちは激安弦を選んでもよいかもしれません。

たとえば、弦交換に失敗し、弦を切ってしまうこともあるからです。

 

ただし、管理人は頻繁にライブをするようになってから、激安弦を使っていません。

アーニーボールのレギュラースリンキーを選んでいます。

管理人に限らず、多くのギタリストがブランドへの信頼度を大切にしているようです。

 

多少慣れてきたら自分が好きなギター弦のブランドを探してみましょう。