ギターとベースの違いがわからない楽器初心者もいると思います。

ギターのほうが花形っぽい、ベース弦は4本だから簡単そうなど、なんとなくの印象はあるかもしれません。

ここでは、ギターとベースの違いや難易度をまとめました。

ギターとベースの違い

まずはギターとベースの違いについてまとめました。

どちらも奥の深い楽器ですが、後述するとおり、初心者が始めるならベースのほうが簡単です。

ギター ベース
楽器の見た目
楽器の種類 エレキギター

アコースティックギター

クラシックギター

エレキベース

ウッドベース(コントラバス)

弦の本数 6本 4本
弦の太さ 細い 太い
ネックのスケール 647.7mm(レギュラースケール)

628.5mm(ミディアムスケール)

863.6mm(ロングスケール)
音域 高い 低い
役割 伴奏

リードフレーズ

ソロギター

コード感の演出

リズムの補強

音域や音圧の強化

演奏方法 ピック

指弾き(アコースティック)

ピック

指弾き

スラップ

難易度 ベースより難しい ギターより簡単(後述)

ギターに対するベースの難易度

一般的にはギターよりベースが簡単と言われています。

なぜ、ギターよりベースは難易度が低いという意見が多いのでしょうか?

ベースが簡単と言われる理由

ベースはルート弾きと呼ばれる演奏手法で、1小節同じ音だけを弾き続けることも少なくありません。

さらに、ベースが単音で弦の本数も少ないです。

 

たとえば、ザ・ブルーハーツやGreen Dayなどのパンクバンドでは、ルート弾きで完結する曲も多いです。

簡単な曲なら初心者でもすぐにできると思います。

ベースが奥深い楽器である理由

一方、玄人からはベースは奥深い楽器だと言われます。

誰かと演奏したときに技術や音楽の知識が問われる楽器です。

ドラムのリズムを引き出したり、ギターやピアノなどのコードを作ったり、ボーカルのメロディを引き立てたりと、演奏時の役割は少なくありません。

 

ベーシスト出身の音楽プロデューサーが多い理由は、リズムやコードに対する理解が深いからだと思います。

ギターより簡単に始められますが、ベースも奥の深い楽器です。

初心者どちらを始めるべきか

ギターとベース、初心者はどちらを選ぶべきでしょうか。

結論、管理人はどちらを選んでもよいと思います。

 

元々ギターを弾き始めた管理人ですが、3年ほどベースを弾いた時期があります。

ギターで応用できる技術はあったものの、まったく異なるセンスも必要だと感じました。

どちらの楽器も違う楽しさがあるので、好きなほうを練習してください。