エレキギター初心者にまず立ちはだかる試練、それは「チューニング(調弦)」です。

ギターを買っていざコードを鳴らしてみたら、「指示通り押さえてるのに、音が汚い…」こんな経験をしたギター初心者は多いと思います。

チューニングができていないと正確な音が出ず、弾いていて気持ちよくありません。

エレキギターの正しいチューニング方法をまとめました。

チューニングの音階

ギターは、それぞれの弦を正しい音階にチューニングします。

基本の音階や基準ピッチを理解しましょう。

音階

ギター弦のチューニングは、アルファベット表記なのでわかりづらいと思います。

西洋音楽の世界では、7音階を以下のように表記します。

C…ド、D…レ、E…ミ、F…ファ、G…ソ、A…ラ、B…シ

チューニングの基準ピッチ

チューニングの基準ピッチ(音の高さ)は、長らく5弦のA(ラ)=440Hz(ヘルツ)とされてきました。

Hzとは1秒間の振動回数で、数値が上がると音が高くなります。

近年は、ピアノを中心に442Hzで調律するケースも増えているようです。

440Hz・442Hzのモードを選択できるチューナーもあります。

チューニングの種類

ギターはピアノと違い、チューニングの種類が豊富です。

「レギュラーチューニング」や「半音下げチューニング」、「オープンチューニング」などがあります。

レギュラーチューニング

レギュラーチューニングは、ギターの弦を6弦から「EADGBE」に合わせる方法です。

 

6弦…E

5弦…A

4弦…D

3弦…G

2弦…B

1弦…E

ポイント

・指定がない限り、レギュラーチューニングでチューニングする

・レギュラーチューニングの音階はギターに似た楽器のリュートが由来(諸説あり)

・セーハ(複数の弦を同時に押さえる奏法)をしたときにコードが押さえやすい

半音下げチューニング

半音下げチューニングは、それぞれの音階をレギュラーチューニングから半音下げた状態にする方法です。

ヘヴィメタルやハードコア・パンク、ギターロックなどのジャンルでは、重さを出すために半音下げ、さらには1音下げ、1音半下げにするケースもあります。

 

E♭(D♯)

A♭(G♯)

D♭(C♯)

G♭(F♯)

B♭(A♯)

E♭(D♯)

ポイント

・バンドスコアやTAB譜では「Half Step Down Tuning」と表記

・通常のキーより半音下がるため、声が低い男性でも高いキーの曲をカバーしやすい」

・弦を緩めることになるので、レギュラーチューニングよりも弱い力でコードを押さえられる。

オープンチューニング

開放弦(なにも押さえない状態)で鳴らしたときに、コードが鳴るように設定するチューニング方法です。

さまざまなオープンチューニングがありますが、代表的なオープンGチューニングを見てみましょう。

 

6弦…D

5弦…G

4弦…D

3弦…G

2弦…B

1弦…D

ポイント

・ギターの美しい開放弦が使いやすい

・ブルースやカントリーなど、スライドギター(ボトルネック奏法)がやりやすい

・オープンAチューニング(6弦からEAEAC#E)やオープンEチューニング(6弦からEBEG#BE)もある

ドロップDチューニング

ラウドロックやヘヴィな曲調の曲ではドロップDチューニングを使用するケースもあります。

90年代の日本を代表するオルタナティブ・ロックバンド、ナンバーガールでも使用されていました。

⇒『ナンバーガールのチューニング』のページに行く

 

6弦…D

5弦…A

4弦…D

3弦…G

2弦…B

1弦…E

ポイント

・6弦の音が低くなるのでヘヴィな音楽性になる

・普通のエレキギターとは異なるコード感が出しやすい

エレキギター用チューナー

エレキギターのチューニングをするときは、チューナーという機材を使います。

アコースティック・ギターの人は音叉を使うケースも多いですが、初心者にはちょっと大変です。

チューナーなら目視でどの音かわかります。

初心者でもチューニングがしやすいチューナの使い方について見てみましょう。

BOSS TU-2(またはTU-3)

今回は、プロにも愛用者の多い「BOSS TU-2」(現行機はTU-3)でエレキギターのチューニングをしました。

操作はほとんど変わらないので、TU-3をお持ちの方もこの記事を参考にしてみてください。

まずは機材の説明をしましょう。

STREAM/CENT

BOSS TU-2には、ボタンが2つあります。

左側のボタン「STREAM/CENT」は、チューナーのメーター表示を切り替えられます。

 

メーターには2種類あります。

・CENT(実際の針のような表示)

・STREAM(光が流れるような表示)

基本はCENTがおすすめです。

STREAMは、音が合うと流れる光が止まるようになっているのですが、正直見づらいと思います。

モード切替

右側のボタンでは、モードの切替を行います。

各モードの説明を以下で見てみましょう。

ギターモード

チューニングしたとき、画面に「数字」が表示されるモードです。

6弦を弾いた時に「6」と表示されれば、その弦はチューニングが合った状態です。

アルファベットを覚える必要がないので、特に初心者にはおすすめします。

クロマチックモード

クロマチックモードでは、画面に音階の「アルファベット」が表示されます。

レギュラーチューニングであれば、6弦から順番に「EADGBE」と表示されればチューニング完了です。

「♯」、「♭」も表示されるので、半音下げチューニングもできます。

半音下げモード

ギターモードは、「半音下げ」、そして「1音下げ」チューニングの設定が可能です。

「♭」、「♭♭」を選択すれば、それぞれの弦の表示数が自動的に半音下げ、1音下げの設定になります。

チューニングの方法・実践編

では、実際にFenderのギターを使ってチューニングをしてみましょう。

「ギターモード」で試してみました。

1.チューナーの電源を入れる

まず、チューナーに電池入れるかACアダプタに接続し、ギターのジャックに挿したシールドを、TU-2の「INPUT」側に挿し込みます。

なお、チューニングするときに、ギター側のボリュームをMAXにしておくのを忘れないでください。

そうしないと、チューナーが信号(音)を感知してくれません。

2.6弦の開放弦を弾く

6弦の開放弦を弾いてみましょう。

音を鳴らすと、チューナーの画面にこのような表示が表示されます。

 

赤いライトが、左寄りに点灯しています。

このように、中央よりも左側にライトが点灯すると「本来よりも音が低い」という意味です。

逆に、右寄りに点灯すれば、「本来よりも音が高い」ことを意味しています。

3.ペグを回す

今は音が低い状態です。

ペグを反時計回り(ヘッドがFenderタイプの場合)に締めて音を高くしていきましょう。

少しずつ音を高くしていと、徐々にライトの点滅が中央に寄っていきます。

音がなくなるとライトが消えるので、ライトが消えたら弦を弾いてください。

中央のグリーンライトが点灯したら、6弦のチューニングは完了です。

なお、音が一番大きいとき(弦を弾いた直後)に、中央のグリーンライトが点灯するように調節しましょう。

ギターのピッチは弾いた瞬間とその後で、わずかにずれるからです。

4.弦ごとの音に合わせる

あとは、すべての弦で6弦と同様にチューニングを繰り返していきましょう。

5弦なら「5」と表示されているとき、4弦であれば「4」のグリーンランプを点灯させます。

もし、半音下げや一音下げでチューニングしたい場合、右側の「MODE」ボタンを押してください。

半音下げならギターモードの「♭」、一音下げなら「♭♭」に設定して、同じようにチューニングするだけです。

チューナーなしの場合

iPhoneで使えるおすすめのチューニングアプリ・パソコン(PC)用のWEBブラウザで動くソフトウェアをご紹介します。

楽器チューナー Lite by Piascore

iTunesダウンロードページ

無料のアプリですが、驚くほど正確です。

ライブをせずに家で弾いている分には、これだけで十分かもしれません。

Free Online Guitar Tuner

「Free Online Guitar Tuner」は、パソコンのマイクでギターのチューニングができるサイトです。

https://freetuner.co/

内蔵マイクがあればパソコン一つで音を合わせられます。

宅録または自宅練習時に、サッとチューニングしたい人にもおすすめです。

初心者はギターのチューニングを覚えよう

チューニングができていないと、ギターの上達も遅れます。

また、ライブでお客さんにかっこ悪い印象を与えてしまうかもしれません。

正しいチューニング方法を身につけて、気持ちのいい音を鳴らしましょう。