ギター初心者向けの練習曲の中にFコードがあり、その曲の演奏を諦めてしまった経験はありませんか?

Fコードは多くの初心者が挫折を味わうコードです。

練習曲に出てくるFコードを簡単に弾く方法と上達のための練習法、そしてFコードが押さえられない根本的な原因をまとめました。

とにかくFコードを弾きたい

まず、Fコードを弾くときに6弦すべてを押さえる必要はありません。

Fコードを簡単に鳴らす方法を3つ用意しました。

5弦、6弦を省略

まず、人差し指で1弦1フレット、2弦1フレットを押さえましょう。

2弦2フレットは中指、3弦3フレットは薬指で押さえます。

5弦と6弦は弦を押さえませんが、ストロークしません。

低音弦を弾かない分音は軽くなってしまいますが、Fコードの雰囲気は出ます。

パワーコード

人差し指で6弦1フレット、薬指で5弦3フレットを押さえます。

4弦から下はストロークしません。

高音弦が鳴らないこと、Fコードの構成音のファ・ラ・ソのうちラを省略していることから、コードの響きは少し弱いです。

しかし、Fコードの低音弦は鳴っているため、ロックな曲なら似た雰囲気で弾けます。

6弦1フレットを親指で押さえる

普段は使わない親指を使って6弦1フレットを押さえる方法です。

低音弦の響きもあるため、Fコードに近い音が鳴ります。

スムーズにコードチェンジをして弾きたい人は、6弦1フレットを親指で押さえるプロのギタリストもいるようです。

ただし、手が小さい人だとかえって難しいかもしれません。

Fコードが難しい理由

5弦や6弦を省略したりパワーコードにしたりと、練習曲をとりあえず1曲弾き切ることは大切です。

でも、6弦から1弦までを使ってFコードが弾けると、ギターはもっと楽しくなります。

なぜFコードは難しく、初心者が挫折する原因と言われるのでしょうか?

正しいFコードの押さえ方

正しいFコードは、バレーコード(1本の指で同じフレットの複数の弦を押さえるコード)と呼ばれる押さえ方をします。

6弦すべてを人差し指で押さえ、3弦2フレットを中指、4弦3フレットを小指、5弦3フレットを薬指で押さえます。

特に難しいのが人差し指でのセーハ(1本の弦で同じフレットの複数の弦を押さえる弾き方)です。

以下のような悩みを抱えていませんか?

 

・人差し指に力が入らず、6弦または1弦、2弦の音が鳴らない

・薬指や小指で上手に弦を押さえられず、音が鳴らない

・複雑な押さえ方のコードだからコードチェンジがすばやくできない




Fコードを弾くための練習

Fコードが難しい原因は、セーハを押さえるのが大変だとわかりました。

すべてのギター初心者に訪れる壁と呼んでもいいかもしれません。

フレットに近い位置で押さえる

小さい力で弦を押さえる方法はフレットの近くで弾くことです。

できる限り人差し指を1フレットに近づけ、指を寝かせるようにして弦を押さえてください。

指の側面で押さえる

セーハのネックに対して指を水平に置く人もいますが、それでは力が入らず、弦がきれいに鳴りません。

人差し指を寝かせてセーハしましょう。

わかりやすいように写真でご紹介します。

悪いセーハの押さえ方

上からギターを見たとき、ネックに対して水平に人差し指を置いています。

この押さえ方では指に力が入らず、Fコードがきれいに弾けません。

正しいセーハの押さえ方

人差し指を寝かせてFコードを押さえました。

自然と、他の指も人差し指と同じ向きになります。

爪の角度がネックに対して45度くらいに見えるなら、小さな力で弦が押さえられるはずです。

親指を意識する

セーハで弦を押さえるときはつい人差し指を意識しがちです。

でも、ネックを身体へ引き付けるような感覚で親指に力を入れると、セーハがしやすくなります。

正しいセーハの押さえ方の写真をご覧いただくとわかる通り、親指の腹がギタリストから見えるように押さえましょう。

全部の弦を力任せに押さえない

セーハをするときに6本の弦すべてを押さえようと、人差し指でグッと握る人もいます。

でも、3弦から5弦は他の指で押さえているため、指に力を入れる必要はありません。

6弦と1弦、2弦だけを押さえる意識にすると、余分な力が抜けるので弾きやすいはずです。

Fコードを弾きやすくする裏技

先ほどご紹介した人差し指を寝かせる方法で、Fコードが押さえやすくなったはずです。

次に、もっと簡単にFコードを弾きやすくする裏技をご紹介します。

弦のゲージを変える

ゲージの太い弦は、弦を押さえる指の力が強くなければなりません。

ギターの弦をウルトラライトゲージ(008?038)に変えると、弦を押さえる力が弱くても済みます。

弦高調整をする

弦の位置が高い(ネックから離れている)と、弦の抵抗が強く、初心者の指の力では押さえるのが大変です。

ブリッジを調整して弦高を下げてみましょう。

Fコードを押さえるのが難しい原因

実は、Fコードを押さえるのが難しい理由はギターの種類が原因かもしれません。

Fコードを押さえるのが大変なギターの秘密はネックにありました。

ネックのスケールが原因

ロングスケール(ネックが長い)のギターはフレットの幅が広く、コードを押さえるときに指を広げるのが大変です。

そのため、手の小さい人や女性は苦労します。

ロングスケールよりはミディアムスケール、ミディアムスケールよりはショートスケールのギターだと、Fコードが弾きやすいです。

 

ロングスケールの代表的なギター

フェンダー・ストラトキャスター

フェンダー・テレキャスター

フェンダー・ジャズマスター

ミディアムスケールの代表的なギター

ギブソン・レスポール

ギブソン・SG

ショートスケールの代表的なギター

フェンダー・ムスタング

フェンダー・ジャガー

身体に合ったギターで練習しよう

多くの初心者はギターを購入するときにネックのスケールのことまで考えていません。

ネックが太くてFコードが弾きにくく、自分には向いていないと思い、ギターを挫折してしまった人もいます。

でも、初心者が自分に合ったギターを選んだだけで、メキメキ上達したケースも少なくありません。

自分に合ったギターを購入して練習するのはFコード、ひいてはギター上達の近道だと言えます。