エレキギター初心者の最初の目標は、まずは1曲弾くことではないでしょうか?
今回は、パワーコードとブリッジミュートだけで弾ける、初心者におすすめの練習曲をご紹介します。

パワーコードとブリッジミュート

まずはパワーコードとブリッジミュートの技術について覚えましょう。

パワーコード

パワーコードとは、コードのルート音と5度の音だけを弾く技術です。

パワフルな響きはロックとの相性がよく、多くの曲に使われています。

 

コードの構成音の話をすると難しそうですが、押さえ方は簡単です。

写真のように、人差し指でルート音、薬指で5度の音を押さえます。

詳しくは『パワーコードをマスターしよう』の記事をご覧ください。

ブリッジミュート

ブリッジミュートとは、ピッキングする手をギターのブリッジ部分に軽く乗せて弾くテクニックです。

ハード・ロックやヘヴィ・メタルなど、重たいサウンドが求められるジャンルで多用されます。

写真のように右手をブリッジに置きます。

詳しくは、『疲れないブリッジミュートの練習法』にてまとめました。

※左手でピッキングする人は、左手をブリッジに置いてください。

MONGOL 800『小さな恋のうた』

世の中には、パワーコードとブリッジミュートだけで弾ける曲もたくさんあります。

シンプルな演奏ながら、日本のインディーズバンド史上で最も売れた1曲を、ギター初心者の練習曲用に紹介します。

 

MONGOL800/MESSAGE

MONGOL800/MESSAGEとは?

MONGOL800(モンゴルはっぴゃく。通称モンパチ)は、沖縄県出身の3ピースロックバンドです。2001年9月にリリースしたアルバム『MESSAGE』は、約280万枚のセールスを記録しました。『小さな恋のうた』はこのアルバムに収録されているリード曲で、多くの人にカバーもされています。

▶ このアルバムについて詳しく見る

『小さな恋のうた』の動画

『小さな恋のうた』のTAB譜

MONGOL800『小さな恋のうた』のTAB譜をご紹介します。

▽0:00~

▽0:23~

▽0:42~

▽0:53~


▽1:11~

▽1:26~

▽1:35~

▽1:53~

▽2:09~


▽2:26~

▽2:43~

▽3:02~

▽3:20~

▽3:37~


まずは『小さな恋のうた』を練習しよう

今回は、MONGOL800『小さな恋のうた』をご紹介しました。

少しBPMは速いですが、技術的には初心者でも弾きやすい曲ではないでしょうか。

 

ちなみに、バンドスコアを読みながらだと練習がもっと捗るのでおすすめです。

 

MONGOL800/小さな恋のうた

もし、『小さな恋のうた』が弾けるようになったら他の曲も練習してみましょう。

「エレキギター初心者おすすめの練習曲」シリーズは次回も続きます。

⇒『【TAB譜付】ループ&ループ~初心者おすすめの練習曲』のページへ行く